コピペで作れる!wordpressでmeta keywords、 meta descriptionを自作する方法

スポンサーリンク

2015.10.16 | wordpress




wordpressでmeta keywords、meta description自作

これまで、wordpressを使用したこともなく、いきなりテーマを自作してしまいました。 以前、ITエンジニアをしていたのでPHP、HTML,CSSはわかるんですが、それでも結構苦労しました。

プラグインをたくさん使えば簡単にサイトが出来るということがわかっていました。

wordpressのアップデートでプラグインに不具合がでる場合があるとか、プラグインを多用するとセキュリティーが脆弱になり、狙われてしまうなど、インターネットでは不安な情報もたくさんあります。

だからこそ、できるだけ自分で、自作したいと思い、頑張ってみました。

同じように考えていらっしゃる方に読んでいただければ幸いです。

ということで、第一回目として、meta keywords、 meta descriptionを自動で作成する方法について説明したいと思います。

header.phpのコード

header.phpに書いたコードです。


if (is_single()){
//単一記事ページの場合
    if(have_posts()){
        while(have_posts()): the_post();
            $strdescrip = get_post_meta($post->ID, description, true);
        endwhile;
    }
        $content_summary ="";
        $content_summary = mb_strimwidth(strip_tags($post->post_content), 0,80, "...", "UTF-8");
        $content_summary  =  str_replace(array("\r\n", "\r", "\n"), '', $content_summary);
    if (empty($strdescrip)){
        $strdescrip = $content_summary;
    }
    $posttags = get_the_tags();
    $tag_name="";
    if ($posttags) {
    foreach($posttags as $tag) {
        $tag_name = $tag_name.$tag->name . ',';
    }
    //最後のカンマを削除
    $tag_name = substr($tag_name, 0, -1);
}
?>
    <meta content="<?php echo $strdescrip; ?>" name="description">  
    <meta content="<?php echo $tag_name; ?>"  name="keywords">
<?php
} else {
//単一記事ページページ以外の場合(アーカイブページやホームなど)
?>
    <meta content="<?php wp_title('|',true ,'right'); bloginfo('name'); ?>" name="keywords">
    <meta content="<?php bloginfo('description'); ?> name='description">
<?php
}
?>

meta descriptionの処理について

descriptionの処理は、単一ページとそれ以外のページに分けて処理を行っています。

単一ページの場合は、投稿記事で設定したカスタムフィールドから値を取得してセットしています。

get_post_meta($post->ID, description, true);

ここでは、カスタムフィールドの名前を、「description」としています

カスタムフィールド「description」に値が設定していない事も考慮して 値が無い場合は、「$post->post_content」で記事の内容を取得し、先頭から80文字設定するようにしています。

単一記事ページページ以外の場合は、wordpressで設定したキャッチフレーズを設定しています。

meta keywordsの処理について

単一ページの場合、投稿記事を作成する際に表示される「タグ」に設定した値を取得し、設定しています。

get_the_tags()で取得し、 foreachで件数分取得してください。ここでは、カンマ区切りでkeywordsの文字列を作成しています。

たとえばこの記事でmeta keywordsを作ると
wordpress,meta keywords,meta keywords

となります。ただし、最後にカンマが残らないように、substr($tag_name, 0, -1)で最後のカンマを取り除いています。

単一記事ページページ以外の場合は、wordpressで設定したサイトのタイトルを設定しています。

次はカスタムフィールドの設定について説明いたします。

カスタムフィールドの表示

カスタムフィールドの設定

投稿画面右上にある表示をクリックし、カスタムフィールドにチェックを入れてください。 そうすると、投稿画面下にカスタムフィールドが表示されます。

カスタムフィールド、タグの設定場所

wordpressでmeta keywords、 meta descriptionを自作する方法

名前は、わかりやすく「description」にしてありますが、皆様は好きな名前を入力してください。 metaタグのdescriptionに設定したい内容を、値に書けばOKです。

タグは、投稿画面下の右下にありますので、そこに関連キーワードを設定してください。

まとめ

・meta description  → 投稿記事でカスタムフィールドに値をセット  → get_post_metaで値を取得し、descriptionにセットする ・meta keywords  → 投稿記事でタグに値をセット  → get_the_tags()で値を件数分取得し、keywordsにセットする

これで、meta keywords、 meta descriptionが自動的に設定されます。 結構簡単なので、皆様も試してください! 他にいい方法があれば、ぜひ教えてください。よろしくお願いします!!


いつもクリックありがとうございます

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク




コメントを残す