神から人へ、ひふみともこ先生に伝えられた人類最期の審判

スポンサーリンク

2017.04.6 | ひふみ(日月)神示




ひふみともこ先生に伝えられた人類最期の審判

近年、どんどん異常気象がおき、さらに異常とも思われる犯罪が日常的に起こるようになってきたと思いませんか?

10年間、20年前、あるいはもっと前を思い出してください。 これほどに、異常犯罪や異常気象が頻繁にありましたか?

無かったですよね。

世の中の異常が通常になってきているという事です。

なぜなら、今までにないくらい、私たちの魂が穢れ曇り、我欲が増大し自分さえよければよいという人たちが増えている証拠でもあります。

そのことは、以前からひふみ神示や大本教などで神様から預言をいただいていた通りです。

ひふみ神示でも伝えられているように、このような状況を立て直すために、現在は世の立て替え立て直しの真っ最中なのです。 今までの、カルマをすべて清算する時でもあります。

それは、地震、雨、あられ、雷、台風、洪水、などの天変地異などでも現れます。 そして、人々は最期の時を迎えることになります。 今日は、ひふみともこ先生に伝えられた、最期の審判をお伝えしたいと思います。 ひふみともこ先生についてはこちらをご参考に

http://hifumitomoko.cocolog-nifty.com/
http://wa-hifumi.info/
http://irohahihumi.cocolog-nifty.com/


1.ひふみともこ先生に伝えられた人類最期の審判本文

神から人へ。

神から人へは同じなれども、今日より伝えんことの

一つも、漏らさず写して、指針とされよ。

後の人類、生命の、全ての救済、再生のため。

来たる日、天は裂けて落ち、空から無数の隕石が、

数え切れぬ程の火の星が、降りて落ちなん、襲い来るらん。

なれど慌てて逃げ惑うなよ。慌て騒ぎて、我を失い、

互いに傷つけ合うより、まずは逃れて身を潜め待て。

必ず天も鎮まりて、平静安定、落ち着き戻らん。

来たる日、人は振り分けられん。

残さる魂は、浄めも進み、進歩向上、昇華の跡も、

人への情けも充分なる、真の清らな魂のみなる。

なれば、魂磨くが最善の、救済の道。生き残る術。

魂磨きもようやくに、進みて浄化も著しく、

神への帰依も偽りなからば、必ず神は救い拾わん。

生き残る為の唯一の方法、それが、魂を磨くことです。 身魂磨気に関しては、以下をご参照ください。

ひふみ神示を読むだけで身体の病が治る、ひふみ祝詞で心の病も治る


ひふみ神示とは

 

2.魂を清めるために、きれいな言霊を使いましょう!

魂を清める為には、まずは、言の葉を正す必要があります。 言葉は、音であり波動でもあります。

汚い言葉を使用すれば、それ相応の波動が発生し、汚い物を寄せ付けてしまいます。 きれいな言葉を使用すれば、いい波動が発生します。

・魂を清めるために、日々ひふみ祝詞、いろは祝詞を唱えましょう。 「ひふみ祝詞(のりと)」

ひふみ  よいむなや  こともちろらね  しきる

ゆゐ(wi)つわぬ  そを(wo)たはくめか

うおえ  にさりへて  のますあせゑ(we)ほれけん

※3回続けて宣る

「いろは祝詞(のりと)」

いろは にほへとち りぬるを(wo)わかよ  たれそ

つねならむ うゐ(wi)のおくやま けふこえて

あさきゆめみし ゑ(we)ひもせすん

その他
・日月神示
・大日月地神示
・神から人へ

など、神様からいただいたお言葉を言葉にして読むことで魂が清められます。 是非、皆様も実践してください!




いつもクリックありがとうございます

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク




コメントを残す