SEO対策として押さえたい3つの基本

スポンサーリンク

2015.10.25 | SEO




seo対策として押さえたい3つの基本

seo対策として押さえたい3つの基本を解説いたします。

そこで参考にしたのが、この本

10年つかえるSEOの基本

私自身ブログ初心者ということもあり、SEOの基本を押さえたいと思いこの本を購入しました。

5年程前にもブログを少しだけやっていたのですが、その時は検索した時に上位表示させるためには、どれだけリンクを集めるかが基本的なやり方だと認識し、いくつかサイトを作り無理やりリンクを張ってました。

リンクを張るのに疲れて、2週間ほどでやめてしまったので、効果は結局はわからなかったんですが、今回は本格的に学び実践したいという気持ちで、本まで購入した次第です!!

この本は、1章~7章まであり、その中でも重要な3つの章を紹介しようと思い、「SEO対策として押さえたい3つの基本」というタイトルにしました。

SEO対策として押さえたい3つの基本の各章

1章.検索エンジンは、何のためにあるか
2章.検索する人の気持ちと行動を考えてみよう
3章.検索キーワードを見つけよう
4章.検索キーワードをサイトに反映させよう
5章.コンテンツを作ろう
6章.リンクを集めよう
7章.SEOを「売り手目線の販売活動」と考えていけない

このうち、特に重要だと思った

3章.検索キーワードを見つけよう
4章.検索キーワードをサイトに反映させよう
5章.コンテンツを作ろう

を抜粋して解説いたします。

検索キーワードを見つけよう

いくらいいコンテンツを作ろうが、キーワードの選定を誤ってしまうと、検索しても見つけることができません。 結局そのコンテンツは、この世に存在しないものと同じになってしまいます。

そこで、重要なのが、現在どのようなワードで人々は検索をしているかを知ることです。

本でおすすめしていたツールは グーグルアドワーズのキーワードプランナー

googleアドワーズ

さっそく私もアドワーズに登録し、使用してみました。まず記事はSEOに関する内容ですので、「SEO」で検索する人がどれだけいるか検索してみると

googleキーワードプランナー

一月あたり、「673,000」回も検索されています。
さすが多いですね!

これだけ多く検索されるということは、人々の関心が大きいということです。

ということは、サイト数が多いということが言えます。 ちなみに、「SEO」だけ入力してグーグル検索した結果「346,000,000」件もありました。

ある程度、人が集まる大きなサイトを運営されている方は別として、私みたいなブログ始めたての人が タイトルを「SEO」だけにしてしまった場合、「346,000,000」件に埋もれてしまって、この記事が人々の目にとまることがなくなってしまいます。

ということで、他のワードを付けてどれだけ検索されているか調べてみると。

キーワードプランナー

「SEO対策」で「22,200」回でした。グーグル検索も「1,300,000」件 です。
ある程度規模があるので、このワードタイトルに使用することにしました。

このように、タイトルをつける前に必ず調べることが重要です。

検索キーワードをサイトに反映させよう

この章に書かれていることを、まとめると

・タイトルタグにキーワードを含める
・meta descriptionにキーワードを含める
・最初の見出しにはキーワードを含める
・ページ内のテキスト要素にキーワードを含め、ページ上部に出現させる。
・「見てほしい人が使いそうな言葉」を選んで使う。
・自然な文書で表現し、不自然な繰り返し表現を用いない

タイトルタグに関しては、基本中の基本だと思いますので、ご存知の方も多いと思います。

meta descriptionは、昔ほどSEOに効果的ではないというサイトも見かけますが、googleも推奨してますのでぜひやりましょう!!

あとは、本文の中にどれだけキーワードをちりばめることができるかです。
ここが難しいところだと思いますが、私もブログを書きながら習得していきたいとおもいます。

コンテンツを作ろう

そして、最後がコンテンツを作ろうということです。

どんな、コンテンツを作ればいいかというと

・悩みやニーズを解決できる情報をたくさん用意すること
・ほかのサイトよりも優れた情報を提供する
・量よりも質を重視、薄・浅・広ではなく、濃・狭・深にする
・検索エンジン視点ではなく、検索する人視点でつくる

つまり

質の良い記事を1本1本積み重ねると、多くの人に読んでもらえるようになるということだと思います。

難しいですが、私もこれからチャレンジしてみます!!


いつもクリックありがとうございます

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク




コメントを残す